« 京都三条ラジオカフェに出演♪ | トップページ | 本日、テレビに登場! »

2011年1月30日 (日)

京唐紙の丸二さん

昨日ラジオでご一緒させていただいた、京唐紙の丸二さんギャラリーへ、
さっそくお邪魔しちゃいました♪

たくさんの種類の襖を実際に見ることができます☆
Img_7161


京唐紙の版木は、「ホオノキ」でできています。

ホオノキといえば、葉っぱが大きくて、朴葉みそなどに使われていますよねflair
その材質は、縮んだり変形したりする動きが少なく、深く彫れることから、
版木に向いているのだそうです。

この彫刻は、すべて手彫り!
Img_7147


版木のサイズは30cm×47cm。
それを職人さんが少しずつずらしながら、襖など大きなものも手作業で刷り上げていくそうです!

木でできた版木には、ゴムと違って絵具の乗り方に微妙なムラがあり、
それが単調でない、変化のある表情を生みだしています

Img_7164

光の当たり方で、表情が変わります。


Img_7167

やわらかくて、綺麗…heart01

丸二さんでは、現代の生活にも唐紙を取り入れようと、
こんなモダンな使い方を提案したりnotes
Img_7156

かわいいスタンプなども販売されています♪
Img_7153

伝統的なものを、現代風にアレンジして新しいよさshineをひきだすscissors
それって林業にとっても、お手本にできそう…。

"木"と聞けば、なんでも見に行ってしまう林業女子なのでしたsmile

ちなみに、ギャラリーの床も、"なぐり"加工の木を使っていて素敵でしたshine
Img_7160

突然お邪魔したにも関わらず、快く迎えてくださった丸二のみなさま、
ほんとうにありがとうございましたsign01

(ふくとめ、いわい)

« 京都三条ラジオカフェに出演♪ | トップページ | 本日、テレビに登場! »

林業女子の日記」カテゴリの記事

コメント

唐紙の工房とはうらやましい。

古い画ですが、長谷川等伯の山水図襖を見たときに
とても感動して京唐紙の事を知りました。
http://www.kodaiji.com/entoku-in/idx.shtml

とても良い経験をされていますね。

>すず木 木こりさん
いつもコメントありがとうございますsun
はい、貴重な経験です。こうして生まれたつながりを大事にして、今後も
頑張っていきたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1405507/38673091

この記事へのトラックバック一覧です: 京唐紙の丸二さん:

« 京都三条ラジオカフェに出演♪ | トップページ | 本日、テレビに登場! »