« 北山スギ×デザイン―東京取材編― | トップページ | 明けましておめでとうございます »

2010年12月29日 (水)

「日本林業再生の道PartⅥ」

今年も残すところあと3日…。

来年は国際森林年up
森林との付き合い方について、みんなで議論できる年になるといいですね。

年が明けて早速、林業について語り合うシンポジウムが京都で開催されます!

毎年恒例の「日本林業再生の道」、今回は、女性の出演者が多くなっていますscissors
森林・林業再生プランについて、林業ガールズトークが炸裂することを期待しますsign03

みなさまぜひ、ご参加くださいwink

clover「日本林業再生の道PartⅥ―循環資源としての森林の育成と木材の利用―」clover

2011年1月23日(日)14:30~18:00(14:00開場)
@キャンパスプラザ京都5F第一講義室

●基調報告
「森林・林業再生プラン 森林・林業の再生に向けた改革の姿」
森林・林業基本政策検討委員会座長 岡田秀二氏(岩手大学)

●パネル討論会
「循環資源としての森林の育成と木材の利用」

岡田秀二氏 (森林・林業基本政策検討委員会座長)
前田多恵子氏(前田林業株式会社)
三澤文子氏(Ms建築設計事務所)
澤田順子氏(kikito湖東地域材循環システム協議会)
川井秀一氏(NPO法人才の木理事長)

参加無料(ご希望の方は資料代500円)
※シンポジウム後19:00~21:00に交流会を行います。参加希望者は事前にお申し込みください(会費4,000円)

申込 FAX 0774-38-3678/E-Mail yu-nakamura{@}rish.kyoto-u.ac.jp
→氏名・所属・連絡先・交流会出欠をお知らせください

主催:森林・木材・環境アカデミー、NPO法人才の木、NPO法人京都・森と住まい百年の会
後援:日本学術会議、日本森林学会、日本木材学会

ビラは以下よりダウンロードできます↓
「saiseinomichi.pdf」をダウンロード

« 北山スギ×デザイン―東京取材編― | トップページ | 明けましておめでとうございます »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

中国の方々が日本の山林を買っておられるようですね。
外国の人に価値があるのに自国民に価値がないという
この非対称性にこそ林業の問題点の核心があるのでしょう。

>monk645 さん
いつもコメントありがとうございますsun
的確な指摘と思います。が、自国民に価値があまり知られていない、と
考えたいです。
そうして、それを知らせていくために頑張れたらと思いますgood

YAHOO ニユースで活動を知りました、
私は数年前から 『きのこの森』の作業をしています、
http://www.kinokonomori-okayama.com/
一番の問題は、活動に生産性がないこと 奉仕・ボランティア・補助事業においては、活動を継続できますが、事業として存続することは困難と考えます。
いつも『お金がない』

50才すぎての硬い思考でなく、岩井さんの優秀な頭脳.『森林ガール』の柔軟な発想に期待
致します。   勝央町 『きのこの森』

>末菅 邦佐さん
コメントありがとうございます。
「お金になる」というのはとても大切なことで、ボランティアとはいえお金がかかるので、活動を継続させるためには大事な条件ですよね。

ボランティアや補助などで無理をしなくても、当たり前のこととして山を手入れできるような…
そんな仕組みになったらいいです。

私たちの活動が、その一助となれば幸いです。
「きのこの森」さんの活動も応援させていただきますshine

(。>0<。)
産経新聞「2011新境地を生きる」の記事から貴グループの活動を知りました。
地元、京都の林業の一端を知って頂きたいと思い投稿させていただきました。

妻の従姉妹(70歳代半ば)が結婚後都会から京都大原に移り、夫は実家の持ち山の管理を行ってきました。長男は本格的に林業をするため大学の林学科に学び、父を継いで山林を守ってきました。しかし、現在は林業は止め、地元企業に就職しています。理由は林業では生活できないからだそうです。間伐材を山から運ぶ途中に必ず警官が待構え積載違反を取締り、車上の間伐材よりも高い罰金を払わされ、違反点数が累積すれば運転免許も失う。手間隙掛けても赤字を累積するだけで業として成り立たず、やる気を失ってしまうからです。若者の志が遂げられないことが残念でなりません。
その山林の荒廃は時間の問題です。このような現場を見て、再生の応援をして下さることを期待します。

なお、全国的な植樹祭が61年間も続き、高貴な方を迎えるため箱物施設や道路を作ってきました。数年前に開催された会場跡を偶然観たことがあるが、付近だけの不釣合いな道路や大きすぎる駐車場、閑散として人の居ない施設など、林業の復活に役立つとは思えなかった。

コメに補助金を出すなら、木材にも出しておかしくはない。輸入木材価格との価格差をなくす補助金制度でも作らぬ限り、日本の森林の維持は困難でなかろうか。

>gomesan さん
コメント、ひいては貴重なご意見ありがとうございますsun
なるべく自分の目で現状を見ていきたいと考えてはおりますが、
なかなかそうもいきませんsweat01
こうしてコメントを通してでも教えていただけるのは助かります。

実際に林業に対して具体的且つ積極的な対策がとられるように
なるまでには、長くかかるかも知れません。それでも、こんな風
に困っているんだ、という状況を広く知ってもらう事からは何かが
動き出すと思います。
そのような林業に対する一歩を踏み出すきっかけになれるように
これからも頑張りますbud


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1405507/38252501

この記事へのトラックバック一覧です: 「日本林業再生の道PartⅥ」:

« 北山スギ×デザイン―東京取材編― | トップページ | 明けましておめでとうございます »